設立趣意

設立の背景

ここ数年来、日本を訪れる外国人旅行客は増加傾向にあり、2014年度は1,341万人が訪日しました。観光立国化は、政府の成長戦略の柱の一つに挙げられており、日本の経済的成長への貢献を含め期待が大きい分野であります。具体的には、平成24年3月30日に閣議決定された「観光立国推進基本計画」において、訪日外国人旅行者数を平成28年(2016年)までに1,800万人にするという目標や訪日外国人旅行者の満足度について、平成28年までに「大変満足」と回答する割合を45%、「必ず再訪したい」と回答する割合を60%とする目標などが掲げられました。

そのような環境において、観光庁が調査した「訪日外国人の消費動向(平成25年年次報告書)」によると、外国人旅行客が日本に来て実施した活動の第二位がショッピング(回答者の77.2%)となっております。外国人旅行客の満足度をさらに高めるためには、免税店(小売店)を訪問する外国人旅行者向けに、様々なショッピング環境の整備をつうじて、日本が誇る商品を提供し、国内消費を活性化させる、まさに「ショッピングツーリズム」を振興することが重要であります。

また、平成26年10月1日から、新たに、消耗品(食品類、飲料類、薬品類、化粧品類その他の消耗品)を含めたすべての品目が新たに免税対象となりました。食品類が対象となったことで、農産物などの地域が誇る地場産品を外国人旅行客に買ってもらう機会が増えたと言えます。

問題点

その一方で、外国人旅行客のおみやげ農水産物の販売については、いくつかの問題があり、販売活動が充分に活性化していない現状があります。

<主な問題点>

  1. 販売者が訪日外国人に農水産物を販売するための情報や経験が充分ではなく、販売機会の損失につながっている可能性がある
  2. 外国人旅行者にとって、お土産用の農水産物を持ち帰りやすいサービスが普及しておらず、農水産物の持ち運びを敬遠して、販売が活性化していない可能性がある
  3. 販売者も購入者も、国別および品種別に検疫条件が異なることを認知しておらず、販売機会の損失になっている可能性がある
  4. 植物受検に多くの時間がかかり出国に支障をきたしている可能性がある
  5. 免税品は国内消費(≒国内での開封)ができないため、現行の植物受検制度と免税制度のすりあわせが必要

現在、都市部に集中している外国人旅行客は、今後、地域に広く滞在することが予想されます。そのため、訪日旅行客に対して地域の魅力ある農産物を販売しやすい仕組みをつくることが急がれます。さらなる外国人旅行客の増加が見込まれる中、上述した問題を早期に解決していくことが、地方創生を推進する喫緊の課題であると考えられます。

協議会設立の目的

上述した社会的な背景から、(任意団体)外国人旅行者向お土産農産物販売促進協会を設立する次第であります。

この協議会の設立目的は、(一社)ジャパンショッピングツーリズム協会の勉強会「外国人旅行者向け植物検疫制度勉強会」での提言や取り組み、検証した成功事例などを 広く販売事業者の皆様と共有し、併せて販売最前線のニーズの集約し全国各地においてお土産農水産物の販売拡大に資するための任意団体として、外国人旅行客のためのショッピング環境の整備・向上、ならびに、免税店(小売店)の問題解決をはかることです。さらに、関係する業界団体をはじめとして、各社の皆様からのご意見を集約し、関係省庁に対して提言・要望を提示してまいります。なお、協議会の概要は以下のとおりです。

【協会の概要】

  • ・会員
    (一社)ジャパンショッピングツーリズム協会会員およびジャパンショッピングフェスティバル参画企業、訪日客への販売を目指す企業に広く参加を呼び掛けます
  • ・活動内容
    地域でのセミナーや勉強会および担当者へのメールニュース配信、販促物のメディアキット提供等
  • ・会費
    無料(一部セミナー参加費、資料費等有料)
  • ・協議会設置期間
    平成27年7月~29年3月 ※必要に応じ延長の可能性あり
  • ・事務局
    (一社)ジャパンショッピングツーリズム協会(㈱J&J事業創造が運営受託)
  • ・申し込み
    Webサイト申し込み及び担当者の登録

発起人
一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会
株式会社J&J事業創造

協議会について

「訪日旅行者向けお土産農水産物販売促進協議会」は、訪日外国人旅行者の「おみやげ農水産物」のショッピングの利便性を増大し、消費の活性化をはかるため、その現状課題について勉強し、あるべき販売手法について提言・実現をはかる事を目的にして活動しています。

協議会概要

発足:2015年7月1日
会長:田川 博己(一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)会長)
事務局長:吉川 廣司(一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会 事務局次長)

事務局住所:〒105-0003 東京都港区西新橋3-6-2 西新橋企画ビルディング3階
一般社団法人ジャパンショッピングツーリズム協会(JSTO)協会内